G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】連盟空軍航空魔法音楽隊ルミナスウィッチーズ 1話 今回は顔見せ程度 ストライクウィッチーズとは全然違う感じだけどこれが良い方向に進むと良いな

 

 

『連盟空軍航空魔法音楽隊ルミナスウィッチーズ』は、島田フミカネおよびProjekt World Witches原作によるメディアミックス作品。『ワールドウィッチーズ』シリーズ10周年プロジェクト作品であり、従来の航空団とは異なり戦闘は行わず、戦地に巻き込まれた人々を元気づける音楽隊として活動する。

 

 

目次

 

 

 

 

【あらすじ】



第1話 「 WONDERFUL WORLD - はじめまして – 」

 

1944年、ブリタニア

 

人類は、ネウロイと呼ばれる謎の存在との長き戦いの中にあった。

 

ブリタニアの片田舎から列車に揺られ、はるばるロンドンへやってきたジニーは、ミラーシャといのりという名の少女たちと出会う。

 

そして、自分が連れているモフィが、ウイッチにしか見えない「使い魔」であることを知って驚くのだった。

 

その頃、侵攻の脅威にさらされる人々を音楽の力で支えるべく、小さな音楽隊を指揮していたグレイス少佐は、さらなる活動の必要性を本部に訴えていた。

 

 

【みなさんの感想】

 

 

【私の感想】

第1話は顔見せメインって感じだったね。

 

この見慣れてる感じのキャラデザ好きだなぁ。

 

 

ストライクウィッチーズの外伝作品であり、島田フミカネとシャフトが絡んでるのでめちゃくちゃ期待していますw

今回に限って言えば不完全燃焼すぎて辛い。

もっと見たい!早く来週にな~れw

 

 

【オススメ記事】

yaraon-blog.com

 

 

【商品紹介】