G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】彼女、お借りします(かのかり) 第2期 1話(13話) 千鶴の演技凄いのに厳しい世界だよね…和也のアツい言葉良いね!

 

 

『彼女、お借りします』は、宮島礼吏による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)で2017年32号から連載中。略称は「かのかり」。2021年12月時点でシリーズ累計発行部数は1000万部を突破している。

 

 

目次

 

 

 

 

【あらすじ】


第1話「夢と彼女-ユメカノ-」

 

「女優1本でやってくのも、アリかなって」

 

“彼女のフリ”をしてもらっている水原千鶴のひと言に、ダメダメ大学生・木ノ下和也は破滅の危機に立たされていた。

 

千鶴は女優として出演する舞台が成功したら、レンカノを辞めるというのだ。

 

舞台の情報を目にした和也は、こっそり劇場を訪れる。

 

そして、運命を左右する舞台の幕が上がり――。

 

 

【みなさんの感想】

 

 

【私の感想】

冒頭のヒロイン紹介が良いわぁ。
ち〇ち〇ぶっ壊れちゃうwww

 

あ、すみません。ブラバしないでください。

 

千鶴との関係が終わるかもしれない・・・でもその姿は見たいという事で変装し潜入。

和也が相変わらずキモくて良いねw

 

千鶴の圧倒的な演技力で観客は魅了され舞台は大成功。

 

しかし結果は残念な事に。

『【推しの子】』でもあったね、こういうの。

 

この、ほっとする感じ分かるよ・・・。

(経験があるわけではない)

 

ここ!!

1期OPの『センチメートル』が流れてタイトルロゴがドーン!

 

そうそう、このアニメ好きだったわと思い出した瞬間である。

 

キュンキュン♡

 

やっぱお似合いだなぁと。

ちなみに私は墨ちゃんとるかちゃん推しです。
その他も僅差。つまり回よっては1番が変わりますw

 

 

【オススメ記事】

anitubu.com

anihatsu.com

 

 

【商品紹介】