G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】パリピ孔明 9話 AZALEAが変わっていく経緯が辛い…でもあの衣装と揺れは最高です

 

 

パリピ孔明』は原作:四葉夕ト、作画:小川亮による漫画作品。『コミックDAYS』(講談社)にて、2019年12月31日から2021年11月16日まで連載。その後、同社の週刊誌『週刊ヤングマガジン』に移籍して、2021年52号より連載中。
2020年には「次にくるマンガ大賞 2020」にて、特別賞に相当する「U-NEXT賞」を受賞した。2022年1月時点で累計部数が55万部を突破している。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

目次

 

 

 

 

【あらすじ】



第9話「たみくさのために」

 

Xデーに向けて、かつての仲間とアツいサイファーを重ねるKABE。

一方、「何のために歌うのか」答えの出ない英子は、七海と共に展望デッキへ。

 

どこまでも広がる星空、宝石を散りばめたような夜景。サイコーの景色にテンションぶち上がりの英子。

しかし、英子の笑顔は突如として消し去られた!? ちょちょちょ!? 嘘でしょ!? なんで!? どういうこと!? 風雲急を告げる衝撃展開の幕があける!

 

果たして、英子は歌う意味を見つけられるのか!? てか、ちゃんと見ててね! 孔明

 

 

【みなさんの感想】

 

 

【オススメ記事】

画像たっぷりな感想記事が作成できなくなりましたので、代わりに画像の多い記事をご紹介します。

anitubu.com

yaraon-blog.com

 

 

【私の感想】

七海がAZALEAのメンバーだと明かすシーンは切ない感じだったね。

AZALEAが変わっていく経緯が辛い。

売れる為とは言え辛い・・・。

 

あのエ〇オヤジめ~!ありがとうございます!w

 

親友でありライバル・・・。

歌で気持ちを真っ直ぐ伝える英子ちゃん素敵だ。

 

最後、孔明は邪魔しないでw笑ったけどw

 

 

【商品紹介】