G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】くノ一ツバキの胸の内 8話 亥班強い!けど欠点がひでぇwサザンカがツバキに心開く話良かったね

 

 

『くノ一ツバキの胸の内』は、山本崇一朗による日本の漫画作品。『ゲッサン』(小学館)にて、2018年2月号から連載されている。
男子禁制である「あかね組」の里で繰り広げられるくノ一たちの日常譚。キャッチコピーは「『からかい上手の高木さん』の作者が贈るもうひとつの山本崇一朗ワールド」。作者曰く「女の子だらけの漫画を描いてみたくてはじめた」作品で、「高木さんに比べて好き勝手できるので楽しい」作品。男性の存在は度々示唆されてはいるものの、生徒の主要登場人物は物心ついてから一度も男性を見たことがないまま育っている。明確な名前を持った男性キャラも全く登場しておらず、時代設定やキャラの年齢は作中では明確にされていない。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

目次

 

 

 

 

【あらすじ】

 

『最強の班』


あかね組の中でも最強と謳われる、ドクダミ率いる亥(イノシシ)班が、お土産のイノシシと共に里へと帰ってきました。


豪放磊落な彼女たちとの再会を喜ぶ戌班でしたが、アサガオがある禁句を口にしてしまい、決闘を申し込まれることに……。

 

 

『姉さま』


リンドウは気になっていました。サザンカがツバキのことを「姉さま」と呼ぶ理由が。


ツバキは、そう呼ばれるに至ったある出来事について、彼女に話すことにしました。

 

それは、戌班の結成に繋がる「班決め」の日の出来事で――。

 

 

【みなさんの感想】

 

 

【オススメ記事】

画像たっぷりな感想記事が作成できなくなりましたので、代わりに画像の多い記事をご紹介します。

anitubu.com

akibura.com

 

 

【私の感想】

亥班が気さくで強くて良いわぁ。

 

なのにとんでもない方向音痴で皆からバカ呼ばわりwギャップが良いんだよね。

リンドウの成長も見れる回だった。

 

ツバキとサザンカの昔話良かった。

 

サザンカみたいな不器用なタイプは守ってあげたくなるよね。

 

 

【商品紹介】