G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】くノ一ツバキの胸の内 7話 戌班はみんな良い子…のはずwリンドウに負けちゃうヒナギク好きすぎる

 

 

『くノ一ツバキの胸の内』は、山本崇一朗による日本の漫画作品。『ゲッサン』(小学館)にて、2018年2月号から連載されている。
男子禁制である「あかね組」の里で繰り広げられるくノ一たちの日常譚。キャッチコピーは「『からかい上手の高木さん』の作者が贈るもうひとつの山本崇一朗ワールド」。作者曰く「女の子だらけの漫画を描いてみたくてはじめた」作品で、「高木さんに比べて好き勝手できるので楽しい」作品。男性の存在は度々示唆されてはいるものの、生徒の主要登場人物は物心ついてから一度も男性を見たことがないまま育っている。明確な名前を持った男性キャラも全く登場しておらず、時代設定やキャラの年齢は作中では明確にされていない。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

 

目次

 

 

 

 

【あらすじ】

 

『リンドウの決意』


戌班に加入したリンドウですが、素顔が恥ずかしいという理由から寝ているときもお面を外すことができませんでした。


彼女の素顔を見たいサザンカは、リンドウが可愛いというウワサを確かめたいヒナギクたち午班と手を組み、お面を取ろうと試みます。

 

『夜中の呼び出し』


ツバキは、ずーっと気になっている男のことについて、こっそりリンドウに聞こうとします。


ですが直後、ふたりはハナに呼び出されてしまいます。男の話をしていたことを怒られるのではと、大目玉を恐れるふたりですが、果たして──!?

 

 

【みなさんの感想】

 

 

【オススメ記事】

画像の多い記事のご紹介です。

anitubu.com

akibura.com

aaieba.livedoor.biz

 

 

【私の感想】

リンドウすぐ脱ぐのやめなさいw

 

ヒナギクの嫉妬笑ったわ。二敗目wこういうキャラ好きよ。

 

EDの裸エプロン何!?

急すぎて股間に悪いんだがw

 

 

【商品紹介】