G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】パリピ孔明 7話 クセ強めのキッドさんから英子に試練 七海(Lezelさん)の歌声良いわぁ…

 

パリピ孔明』7話 画像たっぷりな感想記事となります。
この回の感想コメントお待ちしてます!

パリピ孔明』は原作:四葉夕ト、作画:小川亮による漫画作品。『コミックDAYS』(講談社)にて、2019年12月31日から2021年11月16日まで連載。その後、同社の週刊誌『週刊ヤングマガジン』に移籍して、2021年52号より連載中。
2020年には「次にくるマンガ大賞 2020」にて、特別賞に相当する「U-NEXT賞」を受賞した。2022年1月時点で累計部数が55万部を突破している。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

前回のパリピ孔明

 

KABEが共に歩む事に。

 

この曲の依存性ヤバいねw

 

KABE加入により盛り上がりが一段と上がった。

 

ここからはより戦略を練っていく必要がある。

 

というわけで作戦会議。

 

KABE「この人っていつもあの格好なの?」

 

まぁ気になるわw

 

サマーソニア出場の条件は10万いいね。

投稿内容は何でも良い。

 

期限までは残り20日

 

しかも複数の挑戦者の中で一番早く条件を達成しなければならない。

 

「ちなみに、現時点で有力なのはこの三組」

 

6万いいねに驚く。

 

「早く何か投稿しないと!」

 

先を越され焦る英子。

 

「お待ちください。今はまだその時ではありません」

 

ICE BORNはこれ以上伸びないと孔明は読む。

早く投稿した事が仇になっているんだ。

 

孔明「そして厳に気を付けるべきは、三位のAZALEAです」

 

あー!OPの変態さんだー!!

 

AZALEAのバックには大手事務所がついている。

 

その事務所は手段の為ならヤバい事でもやっちゃうという噂。

 

孔明が考える最適な投稿日は期限の三日前。

 

孔明「その日をXデーと致します」

 

孔明「しかしその前に、赤兎馬カンフーさんとの決着を付けてきてください」

 

英子「あーあの解説の人」

 

解説の人ってwww

 

赤兎馬カンフーに再戦を挑まれている事から、それを済ませないと集中できないという事らしい。

 

これKABEの注目度を上げる作戦な気がする。

 

これが今回投稿する曲。

 

あの時の自作曲じゃんw

 

孔明「名付けて天下泰平の計 Vol.1」

 

「私、やってみるよ」

 

孔明はのせるのが上手い。

 

「進化が必要になります。我々にも」

 

 

今日は自作曲を音源化する。

 

レコーディングに同行できないので孔明から預かった巾着。

不安になった時に順番通りに空けるよう言われている。

 

実際不安なので空けちゃおう。

 

手紙と

 

道路使用許可申請書と

 

展望台チケット。

 

意味は分からない。

 

この街治安悪いなぁ。

 

 

KABEの事を悪く言っている客。

 

オーナーの睨みで怯ませる。

 

孔明「真の強さとは何でしょうか?」

 

「見せかけの強さが真の強さではありません」

 

方法は微妙だったが彼を助ける事ができた。

行動できて偉いよ。

 

レコーディングスタジオに居るなんかエ〇いおじさん。

 

「スティーブ・キド 世界最強のイケメンなDJ。あ、メンマいる?」

 

自己紹介と共にメンマを勧めてくるDJ。

 

サマーソニアにも出場経験がある。

 

キッド「キッドって呼んでよ。みんなそう呼ぶから」

英子「キッドさんってあのキッドさんですか?」

 

「どのキッド?キッドは色々いるよ。怪盗とか格闘家とか、医療キットとか」

 

どこからつっこむ?w

 

つっこんでほしかったみたいw

 

キッドも孔明が気になっている様子。

英子はその辺で拾ったと説明。間違ってないw

 

「彼、もしかして本物の孔明なんじゃないの?」

 

キッドと孔明は賭けをしている。

キッドが納得する曲が出来上がれば無料に、出来なければ孔明がキッドの軍師になる。

 

ちなみに代金は1000万円w

 

しかしやる気が起きないキッド。

 

キッド「今日は帰って良いよ」

 

キッドの大好物だったwww

 

キッドがやる気になってくれた。

孔明のお陰だ。

 

キッドから賭けの提案。

英子の好きなマリアディーゼルを歌ってキッドをやる気にすればプリン以上の仕事をしてくれる。

 

英子の憧れ。

 

英子(ここで逃げたらサマーソニアなんて夢のまた夢…)

 

 

歌唱後。

 

普通に褒められた。

そしてマリアディーゼルを語るキッド。

 

これは好印象。

 

「君さ、自分が無いね」

 

自分が無い・・・か。

 

 

英子には策を授けたので大丈夫。

 

英子は必ず試験を乗り越える。

 

追い返される英子。

 

英子「あと二週間で曲を仕上げなきゃいけないんです!」

キッド「じゃあ…急がなきゃ」

 

エナドリ飲みすぎw

 

赤兎馬は以前よりも強くなっている。

もっとパワーのあるリリックが必要。

 

めっちゃムカついてるw

 

孔明がくれた策。

 

「路上ライブやれって事…?」

 

(上手い…でも上手く歌おうとかじゃなくて歌いたいって思いが突き刺さってくる)

 

計算「道路の使用許可は取ってますか?」

 

どうやら取ってないみたい。

 

「ごめーん!寝過ごしたー!」

 

「許可証持ってきたよー!待たせてごめんねー!」

 

「ごめん。迷惑だった?あなたの歌もっと聴きたくて」

 

「ううん。ありがとう。助かった」

 

一緒に演奏する事に。

 


良い歌声だった・・・。

 

名前とか間違えないようにWIKI開いてるんだけど、この久遠七海の正体を知ってしまった・・・。うーむ。