G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です(モブせか) 6話 リオンさん王妃口説くのは無理だよ~ ユリウスのイケメンがよく崩れる回だった

 

『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』6話 画像たっぷりな感想記事となります。
この回の感想コメントお待ちしてます!

『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』は、三嶋与夢によるライトノベル。通称は「モブせか」。イラストは孟達
女尊男卑の乙女ゲーム世界に転生したモブが、ゲームの知識を使って運命を変えていくというストーリーである。「小説家になろう」に投稿されていた小説であり、2018年5月よりGCノベルズから書籍版の刊行が開始され、同年10月からは潮里潤によるコミカライズも行われている。また、『このライトノベルがすごい! 2020』のランキングでは単行本部門の8位となった。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

学園祭か。

 

メイド服オリヴィア!!

〇袋!!

 

着慣れてないので似合ってるか不安。

 

堂々たる〇袋。

着慣れている感じだ。

 

アンジェリカ「リビアも似合ってるぞ。初々しい感じが実に良い」

 

まだ百合続いてるんだw

 

あまりの尊さに涙w

 

完全に二人の世界。

 

学園の女子とは思えない。良い物を見た。

 

裏切り者の姉!

 

学園の現実を思い出すw

 

親友と喧嘩しちゃった姉さん。

 

親友と同じ人を狙ってて姉さんが勝っちゃったのが原因。

 

姉はリオンに力になってほしいが、リオンにその気は無い。

 

何かあればアンジェリカも黙ってはいない。

 

「役に立たない愚弟ね!」

 

「リオンさん、心配してくれてありがとうございます」

 

何やら大変な事が起きたようだ。

 

大変だwww

 

ユリウス「喫茶店プリンスをよろしく」

 

あれだけ惨敗しておいてメンタル強いなw

 

お茶とお菓子のセットが高額。

 

庶民には分からない金銭感覚だ。

 

無言でユリウスに付いて行くリオン一行。

 

気になったから見たくなったんだ。

 

リオン「ホストクラブじゃねーか!」

 

全てはマリエの提案。

まだこいつらリオンに勝つ事を拘っている。

 

出たw

 

もうリオンとは犬猿の仲みたいになってるw

 

「プリンセスってw」

 

さり気なくオリヴィアを貶す。

 

宣戦布告。

 

 

 

看板娘。

 

リオンと親しくする事により、新たな虐めが起きている。

 

「勘違いしないでよね!平民風情が!」

 

アンジェリカのお気に入りという事もあり風当たりはキツい。

 

自分の立場を思い知る。

 

「喫茶店やるの?私はカーラ。カーラ・フォウ・ウェインよ」

 

 

 

学園祭を楽しみにしている女性。

 

学園祭初日。気合が入る。

 

女子達との扱いの差w

 

アンジェリカに呼び出しがかかる。

 

王妃様!ユリウスの母だ。

 

ちょっと気まずいよね。

 

学園が楽しいのはリオンのお陰かな?

 

息子に文句が言いたい母。

 

王妃は話が分かるようだ。

決闘の件は王妃自ら謝罪する。

 

女生徒が傲慢な態度を取っている。

 

「酷い所ね」

 

 

高額なのに行列が出来る程の人気。

 

「お客様よ、案内して」

 

嫌そうなヤツ来たな・・・。

 

リオンを困らせたい王妃。

「紅茶がぬるい」とか言って最低三回は淹れ直させたい。

 

「紅茶がぬるいのよ!さっさと淹れ直して!」

 

お代は払う必要なんてない。寧ろ金を払えという客。

リオンが決闘で生徒から金を巻き上げた事が気に入らないようだ。

 

アンジェリカ「態度の悪い客人だ。お引き取り願おうか」

 

アンジェリカの敵対派閥が相手だ。

 

友達二人を貶されて黙っていられなかったオリヴィア。

 

「は?図に乗るんじゃないわよ。平民風情が」

 

「いくらアンジェリカの可愛いペットだからって…」

 

罵倒が止まらない。

 

「そのドブ臭い口を閉じろ」

 

「伯爵家を敵に回す意味が分かってるの?」

 

「いい加減にしなさい!」

 

おばさん言われたw

 

王妃の正体を知らないので言いたい放題・・・。

 

アンジェリカ「落ち着けリオン!」

 

リオン「ワレ、大儀を得たり!!」

 

ここで王妃を紹介する。これで完全犯罪になるわけだw

 

照れw

 

王妃はお忍びなので大事にしたくない。

 

「王妃様、このリオン・フォウ・バルトファルトにお任せください」

 

「滅殺ですよ、滅殺!」

 

リオンタイム開始www

 

治まりそうにないのでアンジェリカが連れて来たw

 

師匠にだけはこの態度w

 

王妃「リオン君、私は怒っています」

 

土下座はからかいだったw

 

今日はリオンに文句を言いに来た。

 

ユリウスの事は詫びるが決闘内容が酷過ぎた。

 

王妃が美人だと気付いてしまう。

説教中なのにw

 

他国から嫁いできたので学園に通った事がない。

 

「だから学園での思い出がほしいな~」

 

という王妃からのお願いw

 

リオン「ミレーヌさん、俺と結婚してください」

 

大騒ぎw

 

学園の獣よりも

 

おしとやかな30代の方が最高。

 

リオン「俺は人間と結婚したいんだ!」

 

「困ります…私には夫も子供も…」

 

「それにおばさんだし…」

 

ガチギレユリウスw

 

まぁ怒るわw

 

思い出作りは成功かなw

 

マリエを此処に呼ぶよう指示。

 

下手したらギロチンw

 

価格設定がえげつない。

サービス料まで取る。

 

貴族がふざけた格好。

 

決闘に負けてマリエに近付かないと誓っておきながらこれだもんね。

 

「とにかくあの女を今すぐ連れてきなさい」

 

顔から失禁w

 

王妃口説けなくて残念。

 

まぁモブなので王妃どころかヒロイン達とも結ばれるはずが無いんだ。

 

「まだやってますか?」

 

リオン「今日は俺の心が折れたので閉店です」

 

カーラからリオンに自分を紹介してほしいとオリヴィアに頼んでいたようだ。

 

「男爵、どうかウェイン家を…」

 

「私達をお救いください」

 


カーラ重要キャラなのかな。

この章も面白くなりそうだね。