G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 4話 バインバインなアリアンさんが小窓から進入するのはハレンチすぎるかなって…

 

『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』4話 画像たっぷりな感想記事となります。
この回の感想コメントお待ちしてます!

『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』は、秤 猿鬼による日本のライトノベル。イラストはKeGが担当している。オーバーラップノベルス(オーバーラップ)より、2015年6月から既刊10冊(2022年3月現在)が刊行されている。また、漫画版がWEBコミックサイト『コミックガルド』(オーバーラップ)にて、2017年2月から連載されている。2021年9月時点で電子版を含めたシリーズ累計発行部数は170万部を突破している。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

今まで同族以外は誰も信じなかったが、アークだけは違うと判断した。

 

アークを雇う事により同族に嫌な顔をされるかもしれないが、

アークはエルフ族に何の偏見も持たず助けてくれた。

 

「だから私はあなたを信用する。同胞を助ける為、あなたの力を貸してほしい」

 

「傭兵としてアリアン殿に雇われよう」

 

良い出会いだ。

 

 

転移魔法にビックリ。

 

仲間の救出にはピッタリな魔法だよね。

 

アリアンが待ち合わせしてるのはどんな美少女エルフかな?w

 

目つきの悪いエルフだったw

 

場所を変えて話しましょう。

 

顔を見せるとトラブルになりそうなので何も食べれない。

 

アークの質問をガン無視して食べるダンカw

 

ダンカさんは食通なんだねw

 

アークの能力に少しは興味を持ってもらえた。

 

エルフ狩りの拠点。

 

決行は深夜。

それまで此処で待機する。

 

アークは所用の為に席を外す。

 

この前の戦闘の事を正直に話す。

アークが居なければアリアンも掴まっていたかもしれない。

 

強い姉に対して劣等感を抱いているようだ。

 

族の戦利品を売って金にw

 

怪しいw

 

御馳走だ!

所用ってこれだったのかw

 

しっかり食べておかないとね。

 

商品の出荷が決まったそうだ。

 

「きっと同胞の戦士が助けてくれる。そしてあなた達を殺すわ」

 

 

作戦結構。

 

お?新キャラ?

 

警備が厳重。

 

あの小窓まで転移魔法で移動したい。

 

短距離転移魔法に驚く二人。

 

ここから進入する。

結構狭そうだな。

 

邪魔そうですねw

 

この気まずさw

 

無理に通る必要は無かったw

 

アーク「安心されよ。すぐに目は逸らした」

 

「記憶から抹消しなさい!」

 

し・・・死んでる・・・。

 

自分達以外にも進入者が居るという事だ。

 

 

 

突然攻撃を受ける。

 

アーク「忍者!?」

 

ケモ耳!

 

尻尾!

 

「ケモ耳忍者キターー!!」

 

ポンタの存在により族ではないと分かってもらえた。

意外と役に立ってる。

 

彼女とは目的が違うようだ。

捕らわれたエルフは地下に居るとの情報を得る。

 

「領主城にも二人ほどエルフ族が捕らわれていますよ」

 

「また近いうちに」

 

忍者に貰ったのはエルフの売買契約書だった。

 

書かれている情報から領主まで関わっている事が判明。

 

契約書と情報については族を締めあげて話させた事にした。

忍者の事を話すと面倒な事になりそうだもんね。

 

まず此処を終わらせて城にも行こう。

 

消し炭w

 

アリアン「落ち着いて!味方よ!」

 

転移魔法便利過ぎる。

 

流石にダンカもアークの実力を認めざるを得ない。

 

ダンカが子供達を送る事に。

 

「アリアンを頼む」

 

いざ領主城へ。

 

なんかモクモクしてますけど・・・w

 

ケモ耳忍者が気になりすぎる。
子供エルフのリョナシーンが多く良い作品ですなぁ。