G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】くノ一ツバキの胸の内 3話 蛇のシーンはマジで興奮するから注意!そしてまさかの展開に…

 

『くノ一ツバキの胸の内』3話 画像たっぷりな感想記事となります。
この回の感想コメントお待ちしてます!

『くノ一ツバキの胸の内』は、山本崇一朗による日本の漫画作品。『ゲッサン』(小学館)にて、2018年2月号から連載されている。
男子禁制である「あかね組」の里で繰り広げられるくノ一たちの日常譚。キャッチコピーは「『からかい上手の高木さん』の作者が贈るもうひとつの山本崇一朗ワールド」。作者曰く「女の子だらけの漫画を描いてみたくてはじめた」作品で、「高木さんに比べて好き勝手できるので楽しい」作品。男性の存在は度々示唆されてはいるものの、生徒の主要登場人物は物心ついてから一度も男性を見たことがないまま育っている。明確な名前を持った男性キャラも全く登場しておらず、時代設定やキャラの年齢は作中では明確にされていない。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

午後の班活動は食料調達。

 

毎回どこかのバカが正面から突っ込んでいくので失敗するんだ。

 

「仲良く!です!」

 

いつも喧嘩してんなw

 

ちゅるっちゅーるいぇいえっ!

 

ぶつかって獲物を逃がしてしまった。

 

先に手を出したのはアサガオ

 

サザンカも反撃。

 

駄目だこりゃ・・・。

 

巳班のウイキョウとキキョウ。

 

ウイキョウ「喧嘩してるね」

キキョウ「そうだね」

 

「「喧嘩は醜いねぇ」」

 

わたし姉妹や双子で色違いなの大好き!

ツリ目とタレ目、天使と小悪魔で差別化されてると尚良し!!

 

ツバキにサザンカアサガオが仲良くなる方法を教えてほしいと頼まれるが、二人は元々仲が良いので分からない。

 

仲良くする秘訣はある。

 

でも仲が悪すぎるので秘訣を使っても無理そう。

 

ウイキョウ「どうしても見たかったら…」

キキョウ「奪ってみる?」

 

ツバキ「サザンカアサガオ!」

 

やる気なしw

 

別に仲良くなりたいわけじゃないんだよなぁ。

 

二人から巻物を奪うよう命令。

成功すればアサガオには晩御飯のおかず、サザンカには添い寝のサービスw

 

やる気満々に!w

 

チームワークを学ぶ為のロープ。

 

二回目もコケたw

 

アケビ

 

良いねぇ・・・。

 

ボロボロになりながらも二人を見付けた。

 

二人よりも仲が良いから足を縛っていると挑発。

 

「「のってあげるよ、その挑発」」

 

とりあえずアサガオアケビに釣られてコケる。

 

ダメダメだ・・・。

 

ふともも。

 

これならいけるw

 

サザンカ「指示と援護は任せて」

 

催眠術だ。

 

絶体絶命。

 

「つねっててあげるから!ほら走って!」

 

いいよwこういうの好きw

 

二人から一本取った!

 

仲良しじゃん。

 

気が緩んで仲良く寝ちゃったw

 

つねったくらいじゃ催眠術からは逃れられないはずだが、二人は仲が悪いからこそ本気でつねる事ができたのだw

 

勝敗で言えば寝ちゃった方が負けなんだw

 

ツバキが睨んだ通り、仲良くなる秘訣の巻物は空白。

 

一芝居打ってあげたという事だ。

 

仲悪い人を見ると自分達の仲の良さを実感できるのでね。

 

それが照れ隠しなのか、本音なのかは分からない。

 

ツバキ「これでちょっとは仲良くなれましたかね?」

 

「だってぇ、男ってデカくてトロいんでしょ~?」

 

男の話に耳を澄ますw

 

男を侮ってはならないというのが先生の教え。

 

男の想像図w

 

「全員外に出ろ」

 

授業を中止して代わりに鬼ごっこをする。

 

遊びの授業だなんてラッキー。

 

但し捕まった物は夕食抜き。

ショックを受けるアサガオ

 

男を侮り過ぎているので心配した結果。

男に会ったらすぐ逃げるのを身体で覚える為の鬼ごっこだ。

 

ハナ「鬼を男として扱う」

 

追い詰められたら戦うしかない。

 

ニスモモ「な~んだ、楽勝じゃ~ん」

 

「但し、男の役は私がやる」

 

ハナ「夕方まで逃げ切るか、私を倒せたらお前達の勝ちだ」

 

ハンデとして一人でもハナ先生の髪紐を取れたら生徒チームの勝利だ。

そうすれば全員夕食が食べられる。

 

10秒後に開始。

 

ハナ先生は腰が悪いようだ。

 

「もしかしたら変化の術で男に化けているのかもしれません!」

 

アサガオ「え?そんなの関係なくない?」

サザンカ「姉様、恐ろしいのは分かりますが気をしっかり持ってください」

 

ツバキが一番冷静じゃなかったw

 

ホラーじゃねぇかw

 

ニョロっ。

 

興奮するわw

 

ツバキは絶対に逃げ切れないので倒す方向で考えている。

 

肉w

 

アサガオ・・・。

この隙にツバキとサザンカは逃げる。

 

次々と掴まっていく。

 

正面から立ち向かうベニスモモ。

 

ハナ「キレは良くなっているぞ」

 

「ちゃんと修行しているようだな」

 

戻ってきたクナイが破壊力抜群w

 

ムククッ。

 

「腰が…」

 

コノハ「ささ、私にお掴まりください」

 

ハナ「お前少し背が縮んだか?瞳も違う気がするな」

 

あと一歩だったのに。

 

二重の変化!これは素晴らしい。

 

ツバキ(隙が全く無い…)

 

ツバキ(私に皆の夕食がかかってるんです!何としても!)

 

ハナ「コノハ、皆に厳し過ぎると思うか?」

 

ハナ「またあの時のようになっては困るからな…男が怖いという嘘をつき通さなければならん」

 

「え?」

 

これまた急展開!

まさか先生が男に恋して弱くなったとかそういう感じ!?

 

EDめっちゃ良い・・・。

 

ツバキ「男が…怖くない…?」

 

慌てて逃げるツバキ。

 

ハナ「待てツバキ!」

 

「ツバキを捕まえろ。私のミスだ。例の話を聞かれてしまった!」

 

面白くなってきたぁあああ!!