G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック- 3話 眞妃ちゃんのツンデレ最高すぎる 好き

 

かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-』3話 画像たっぷりな感想記事となります。
この回の感想コメントお待ちしてます!

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は、赤坂アカによる日本の漫画作品。通称『かぐや様』。『ミラクルジャンプ』(集英社)にて2015年6月号から2016年2月号まで連載され、掲載誌を『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に移し、同年17号より連載中。
シリーズ累計部数は2022年3月時点で1750万部を突破している。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

「彼に浮気されたんです!」

 

サスペンス的な演出w

 

どっちを殺るか迷っている。

まぁ気持ちは分かるw

 

浮気発覚の経緯。

 

「二人で仲良さそうに話してたの!」

それだけかー。

 

みこちゃんは浮気ではないと思ったが

 

かぐや「これは…浮気でしょうね…」

 

まぁ浮気のボーダーラインは難しい。

 

法律がどうこうではないのだ。

 

彼を擁護するみこちゃんが圧倒的に不利w

 

以前彼氏のスマホを勝手に見ちゃった。

 

パスワードは指の動きで分かってたのでロック解除は簡単だったが

特に怪しいメール等は無かった。

 

結果、彼を信じてみる事に。

 

「彼を信じて探偵を雇ったんです」

 

信じるとはw

 

「信じてるからこそ潔白を証明しようとしてるんじゃないですか」

分かる・・・けど。

 

「身辺調査は結構勇気が要るのよ」

 

その結果二人で雑貨店に行った事が判明。

しかも渚ちゃんが行きたがってた店。

 

まぁまだ浮気確定ではないが・・・。

 

しかもその後カラオケに。

これはなかなか軽率な行動。

 

記憶がw

 

かぐや「二人でカラオケは浮気じゃないです…」

みこ「これは浮気ですね」

 

立場逆転www

 

「あれは絶対浮気じゃありません!」

 

そして最後に・・・。

 

今まで渚ちゃんが勉強を教えてたのに、もっと頭の良い子に教わるなんて。

「用済みって事なんですかねぇ…」

 

勉強教わるのに関しては浮気ではないと思うみこちゃん。

 

「絶対に許してはいけないわ…自分の知らないところで他の女に手ほどきを受けてるんですよ?」

 

女に手ほどきを受けてラップの練習をする白銀のカットw

 

かぐや「私なら絶対に許さないです」

 

耐えられなくなり軽いヒーリングミュージックをw

 

渚「気持ちに整理がつきました。今から彼を問い詰めてきます。それで納得のいく答えが得られなければ別れます」

 

田沼「付き合って半年記念のプレゼントだよ」

 

プレゼント選びを手伝ってもらってたんだ。

 

石上「ハートのネックレスですか」

白銀「センス良いじゃん」

 

「「「ダサ…」」」

 

かぐや「今時ハートのネックレスで喜ぶ女なんて…」

 

「嬉しい!」

 

れろれろ。

 

「これってキスなんですか?あんなに舌を…!」

 

わざとだったのかw

 

 

田沼「渚めっちゃ喜んでたよ、ハートのネックレス」

 

渚ちゃんからもお礼。

でも不安になるからあまり連れ回さないでほしいんだ。

 

眞妃「こいつをそんな目で見るわけないじゃーん」

 

しょぼん。

 

とぼとぼ・・・。

 

言っちゃうんだよね、こういうの。

 

は!!!

 

死んでるw

 

生徒会室。

 

かぐやとは親戚である。遠いけどw

 

眞妃「私はあそこで…」

 

「何してたんだろうね…」

 

眞妃「何がしたいんだろうね、私…」

 

とんでもない女を連れ込んでしまったw

 

白銀「つまり…四条はあいつが好きなわけか」

 

四宮家の血を引く者があんな男に恋するわけがないんだ。

 

眞妃「まぁ向こうから告ったら付き合ってあげなくもないけど…」

白銀(なんか馴染み深いワード)

 

「それはただの甘えです。好きなら自分から告るべきじゃないですか?向こうも同じ気持ちだったら永遠に結ばれないですよ?」

 

白銀は少し傷付いたw

 

好きじゃない→好きでしょ

が繰り返される。

 

「本当は好きなんでしょ!?」

 

「…うん」

本音出たw

 

しかし相手は彼女持ち。

略奪なんてしない。どうせ学生の付き合いなんてすぐ冷めるので別れるのを待てば良いだけ。

 

「だから彼が誰と付き合おうと…関係無い…」

 

「最後は私の傍にいてくれたらそれで充分…」

可愛いなw

 

今まで相談できる人もいなかったので傲慢が保てずつい本音が出ちゃうんだ。

 

そもそも渚は大事な友人なんだ。

「多少の憂さ晴らしはするけどね」

 

思った事を全て口にしちゃう眞妃に共感できる石上。

 

遊びに行っても元カノと来た事あるとか考えたり、初めてのキスが妙に慣れてたりするんだ・・・。

 

徹底的に追い詰める石上w

 

「なんで…なんでそんな事言うの…?」

 

石上のせいで渚ちゃんへの怒りが込み上げてくる。

 

そもそも渚と付き合うきっかけになった壁ダァンとかいう技を吹き込んだヤツが悪い!

 

あの時の・・・w

 

眞妃「略奪だって何だろうとやってやるーー!!」

 

「協力…してくれる…?」

 

急に可愛いから断れない二人w

 

生徒会にかぐや。

 

「あら、こんばんは。叔母様」

 

叔母様呼びは腹が立つが分家は本家を敬うべき。

 

絵に描いたようなピリピリ感w

 

かぐや「本当に可愛くない子…」

眞妃「白銀と石上は私を可愛いって言ってくれましたけどね」

 

修羅場w

 

かぐやっぽくて可愛かったなんて言えない。

 

石上「ツンデレっぽいところが可愛かったです!」

 

かぐや「不調法者は黙ってて!」

白銀(似てる…)

 

眞妃ちゃん良かったね。

一気に好きになったわw

 

アニメイトの商品紹介です。

www.animate-onlineshop.jp

7月発売予定の商品です。是非チェックしてみてください。

 

この間の合コンの話。

 

「それより今日の天気について話そうぜ!」

 

知らずに行ったのは分かるが、もしかしたら白銀は素敵な女性との出会いを求めているのかもしれない。

 

噂によると合コンでは山手線ゲームは10円玉ゲームをするらしい。

 

「みんなで合コンゲームしましょう!」

 

(やっぱさっきの聞こえてた…)

 

誰かの質問に対しイエスなら表、ノーなら裏にして回答するゲーム。

 

10円玉はハンカチで隠し、誰がどの回答をしたかは分からなくする。

誰か一人でも嘘をつくとつまらないゲームなので嘘は絶対に禁止だ。

 

噓発見器は準備済み。

多い!

 

石上「合コンにポリグラフ持ってくる人、次から絶対呼ばれませんよ」

 

ぶっちゃけ今恋してる?

 

ワクワク。

 

三人が表!そんなに!?

 

特定行為は禁止である。

 

このモヤモヤとドキドキが醍醐味なのだ。

 

ぶっちゃけ僕の事嫌い?

 

一人だけだ!

 

もじもじ。

 

私の事うざいって思ってる?

発想が石上と同レベルw

 

質問変更。

本当は私って要らない人間?

 

必要ならイエス。不要ならノー。

 

0人でした。

 

みんなに必要だと言われ様子がおかしいw

 

ここから頭脳戦が始まる。

 

白銀が取った10円玉は平成元年。

そうかこれを見ておけば分かっちゃうんだ。

 

「私に恋愛感情を抱いている人はイエス、抱いてない人はノーで」

 

ぐにゃあw

 

噓発見器とのシナジーで白銀の気持ちが完全に分かってしまう。

 

一人!!

 

特定は禁止。

 

特定は禁止なんだ。

 

平成元年ではない。

 

いや、昭和56年が三枚になっている!

 

賢過ぎるよ会長!

 

首の皮一枚で生き延びた!

 

不正を働いた者はイエスを出して自首しろ。

 

結果、三人が不正してたというw

 

白銀は確かに合コンに行って女の子を連れ出したりはしたが、全て理由あってのものだとかぐやに話す。

 

白銀「四宮だけには信じてほしい…」

かぐや(私…だけに…?)

白銀「信じてくれるか?」

かぐや「さぁて、どっちでしょうね…」

 

そのまま部屋を去るかぐやであった。

 


色んなカップリングが尊いけど、やっぱ白銀とかぐやのがドキドキするね。