G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です(モブせか) 2話 オリヴィアもマリエも可愛いなぁ アンジェリカは被害者感あってかわいそう【ネタバレ注意】

 

『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』2話 画像たっぷりな感想記事となります。
この回の感想コメントお待ちしてます!

f:id:gumitan_com:20220411214721j:plain『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』は、三嶋与夢によるライトノベル。通称は「モブせか」。イラストは孟達
女尊男卑の乙女ゲーム世界に転生したモブが、ゲームの知識を使って運命を変えていくというストーリーである。「小説家になろう」に投稿されていた小説であり、2018年5月よりGCノベルズから書籍版の刊行が開始され、同年10月からは潮里潤によるコミカライズも行われている。また、『このライトノベルがすごい! 2020』のランキングでは単行本部門の8位となった。

 

前回記事はこちら。

gumitan-com.hatenablog.com

 

f:id:gumitan_com:20220411202752j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202754j:plain

ルクシオン「ご機嫌ですね、マスター」

 

f:id:gumitan_com:20220411202757j:plain

あの事を思い出すとねw

 

f:id:gumitan_com:20220411202759j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202802j:plain

ついでに入手した無人島。

 

f:id:gumitan_com:20220411202804j:plain

順風満帆である。

 

f:id:gumitan_com:20220411202806j:plain

なんと男爵の地位を与えられる事に。

 

f:id:gumitan_com:20220411202809j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202811j:plain

せっかくそれなりの地位を選んでおいたのに、このままでは自由が無くなってしまう。

 

f:id:gumitan_com:20220411202813j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202816j:plain

ゾラくらいの結婚相手を捕まえる為にも地位は必要。

 

f:id:gumitan_com:20220411202819j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202821j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202824j:plain

「いやだぁあああ!!」

 

f:id:gumitan_com:20220411202826j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202828j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202831j:plain

ゲームの学園そのまま。

 

f:id:gumitan_com:20220411202833j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202835j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202837j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202840j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202842j:plain

(やっぱり女が強い世界…帰りてぇ…)

 

f:id:gumitan_com:20220411202844j:plain

王子様w

 

f:id:gumitan_com:20220411202847j:plain

ゲームで攻略していたヤツら。

 

f:id:gumitan_com:20220411202849j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202852j:plain

アンジェリカ。

侯爵家の娘だ。

 

f:id:gumitan_com:20220411202855j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202858j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202900j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202902j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202904j:plain

修羅場かな?

 

f:id:gumitan_com:20220411202907j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202909j:plain

ゲームの時とキャラが違う。

 

f:id:gumitan_com:20220411202912j:plain

(あの女、どこかで見た事あるような…)

 

f:id:gumitan_com:20220411202919j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202921j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202923j:plain

お茶回の予習をしていた。

 

f:id:gumitan_com:20220411202926j:plain

「俺達と同じで裕福じゃない家柄の女子にアテはあるか?」

 

f:id:gumitan_com:20220411202929j:plain

ダニエル「全く無い。なぁ、レイモンド」

レイモンド「僕はお茶会に来てくれるなら誰でも良いや」

 

f:id:gumitan_com:20220411202932j:plain

なにこのキャラw

 

f:id:gumitan_com:20220411202935j:plain

身分の近い三人でため息。

 

f:id:gumitan_com:20220411202937j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202939j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202942j:plain

f:id:gumitan_com:20220411202945j:plain

「殿下、お茶会の事でお話があります。ご一緒してよろしいですか?」

 

アンジェリカは婚約者である殿下の取り巻きが煩いから威圧してるみたい。

 

f:id:gumitan_com:20220411202947j:plain

ダニエル「なんかピリピリしてない?」

 

f:id:gumitan_com:20220411202950j:plain

「見るな、目立つな、関わるな」

 

f:id:gumitan_com:20220411202952j:plain

「及びでしょうか?殿下」

殿下はこのマリエをお茶会に呼びたいとの事。

 

f:id:gumitan_com:20220411202954j:plain

アンジェリカは反発。

マリエの身分でお茶会に参加するのが気に食わない。

 

f:id:gumitan_com:20220411202957j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203000j:plain

熱心にマリエを誘う殿下。

何か裏がありそう。

 

f:id:gumitan_com:20220411203002j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203005j:plain

ゲームの強制イベントとは少し内容が違う。

 

f:id:gumitan_com:20220411203008j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203011j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203013j:plain

マナーの授業。

 

f:id:gumitan_com:20220411203016j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203018j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203021j:plain

「理解してないようですね。一つ実践してみましょう。前へ」

 

f:id:gumitan_com:20220411203024j:plain

「わー、楽しみだなー」

(何がお茶会だ。たかが女子のご機嫌取りイベント)

 

f:id:gumitan_com:20220411203027j:plain

「先生!!!」

 

f:id:gumitan_com:20220411203032j:plain

とても感動した様子w

 

f:id:gumitan_com:20220411203034j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203037j:plain

「先生、いえ、師匠!」

 

f:id:gumitan_com:20220411203040j:plain

 

f:id:gumitan_com:20220411203042j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203044j:plain

すぐ影響されるやつw

 

f:id:gumitan_com:20220411203046j:plain

一人呼んだつもりが友達とその使用人も来ちゃった。

うーん、ブスw

 

f:id:gumitan_com:20220411203052j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203055j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203057j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203059j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203101j:plain

荒らしだw

 

f:id:gumitan_com:20220411203104j:plain

 

f:id:gumitan_com:20220411203106j:plain

いじめだ。

 

f:id:gumitan_com:20220411203109j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203111j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203114j:plain

特待生で身分が低いばかりに。

 

オリヴィア、このゲームの主人公。

 

f:id:gumitan_com:20220411203116j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203118j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203121j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203123j:plain

(本当はゲームのシナリオに関わりたくないんだけど…)

 

「そこの彼女、お茶してかない?」

 

f:id:gumitan_com:20220411203125j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203128j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203130j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203132j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203135j:plain

さっきの連中と違いお茶とお菓子を喜んでくれる。

 

f:id:gumitan_com:20220411203138j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203140j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203142j:plain

散々あざといとか言ってたが、めちゃくちゃ良い子だった。

 

f:id:gumitan_com:20220411203145j:plain

オリヴィアは自分に自信が無いんだな。

魔法の勉強をしたいけど、暗黙のルールとかに疎い。

 

f:id:gumitan_com:20220411203147j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203150j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203152j:plain

力になってくれそうな人を紹介する事に。

 

f:id:gumitan_com:20220411203154j:plain

姉だ。

 

f:id:gumitan_com:20220411203157j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203159j:plain

暗黙のルールを学ぶ。

 

f:id:gumitan_com:20220411203205j:plain

とりあえず人気店のお菓子を賄賂として入手する必要がある。

 

f:id:gumitan_com:20220411203202j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203207j:plain

リオン「大丈夫…俺が代金もつよ…」

オリヴィア「必ずお返しします…」

 

f:id:gumitan_com:20220411203210j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203212j:plain

アンジェリカ「立場を弁えているなら隅で大人しく過ごすぐらいは許す」

オリヴィア「それでは私も学園にいて良いんですか?」

 

側近に部屋から出るよう指示。

 

f:id:gumitan_com:20220411203214j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203216j:plain

「お前が質問するから話がややこしくなっただろうが」

 

f:id:gumitan_com:20220411203222j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203219j:plain

「許すも何も私が追い出そうとしているわけではない」

 

f:id:gumitan_com:20220411203225j:plain

オリヴィアに入れ知恵をしたのがリオンだと伝える。

 

f:id:gumitan_com:20220411203229j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203231j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203233j:plain

どうしてもリオンに参加してほしいらしい。

 

f:id:gumitan_com:20220411203235j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203238j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203240j:plain

リオンとオリヴィアは都合の良い護衛。

(いや、肉壁と言ったところか)

 

f:id:gumitan_com:20220411203243j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203245j:plain

「いい加減にしろ!身の程を知れと言っている。お前と殿下では身分が違う」

 

f:id:gumitan_com:20220411203248j:plain

ふぇぇ。

 

f:id:gumitan_com:20220411203251j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203254j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203256j:plain

マリエの態度も気に食わない。

 

マリエはオリヴィアよりもいじめられてる子。

 

f:id:gumitan_com:20220411203258j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203301j:plain

マリエにヘイトが溜まっていく。

 

f:id:gumitan_com:20220411203304j:plain

「やめろ!」

 

f:id:gumitan_com:20220411203306j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203311j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203308j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203313j:plain

女が強い世界だけど、この王子様達だけは違う。

 

f:id:gumitan_com:20220411203316j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203318j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203321j:plain

「上手く掘り出せました!」

 

f:id:gumitan_com:20220411203325j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203327j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203329j:plain

「ダンジョンって宝箱とかもあるんですよね?誰が置いたんでしょうか?不思議ですね」

 

f:id:gumitan_com:20220411203332j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203335j:plain

塩反応w

 

f:id:gumitan_com:20220411203337j:plain

「リオンさんが冷たい」

 

あのゲームの世界だし、これ以上オリヴィアと仲良くなるわけにもいかない。

 

f:id:gumitan_com:20220411203339j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203342j:plain

モンスターだ!

ダンジョンにアリって迷宮ブラックカンパニー思い出すね。

 

f:id:gumitan_com:20220411203345j:plain

肉壁担当なので援護は期待できない。

 

f:id:gumitan_com:20220411203347j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203349j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203353j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203355j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203359j:plainf:id:gumitan_com:20220411203357j:plain

リオン強い。

 

f:id:gumitan_com:20220411203402j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203407j:plain

不意打ちを食らう。

 

f:id:gumitan_com:20220411203410j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203413j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203416j:plain

そしてモンスターに囲まれる。

 

f:id:gumitan_com:20220411203418j:plain

「待たせたな。後は俺達に任せろ」

 

f:id:gumitan_com:20220411203421j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203423j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203425j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203427j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203430j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203432j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203435j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203438j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203441j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203443j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203445j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203447j:plain

実力も申し分ない。

 

f:id:gumitan_com:20220411203450j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203452j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203455j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203457j:plain

回復魔法が使える事は内緒。

 

f:id:gumitan_com:20220411203459j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203502j:plain

心配してマリエを押しのけてまで殿下に近付いたが・・・。

 

f:id:gumitan_com:20220411203504j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203506j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203509j:plain

痛そう。

 

f:id:gumitan_com:20220411203512j:plain

「すぐ治療します」

 

f:id:gumitan_com:20220411203514j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203517j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203519j:plain

「リオンさんのお役に立てて良かったです」

 

f:id:gumitan_com:20220411203521j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203523j:plain

モブと主人公が親しくなり過ぎてしまった。

 

f:id:gumitan_com:20220411203526j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203529j:plain

ゲームとの違いに不信感を覚えるリオン。

 

f:id:gumitan_com:20220411203531j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203533j:plain

f:id:gumitan_com:20220411203544j:plain

 

マリエ何なの!?

面白くなりそうだなぁ。

 

とりあえず二話でキャラが増え過ぎて混乱していますw