G-Animation

料理、アニメ、漫画等 幅広く記事を作成していきます。

【感想】パリピ孔明 1話 見るか悩んでたけど見て大正解 96猫さんの歌は鳥肌もの【ネタバレ注意】

 

パリピ孔明』1話 画像たっぷりな感想記事となります。
この回の感想コメントお待ちしてます!

f:id:gumitan_com:20220408193603j:plainパリピ孔明』は原作:四葉夕ト、作画:小川亮による漫画作品。『コミックDAYS』(講談社)にて、2019年12月31日から2021年11月16日まで連載。その後、同社の週刊誌『週刊ヤングマガジン』に移籍して、2021年52号より連載中。
2020年には「次にくるマンガ大賞 2020」にて、特別賞に相当する「U-NEXT賞」を受賞した。2022年1月時点で累計部数が55万部を突破している。

 

f:id:gumitan_com:20220406185537j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185540j:plain

当時の勢力図。三国志だ。

 

f:id:gumitan_com:20220406185542j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185544j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185547j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185549j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185551j:plain

(私の命運も尽きた…)

 

f:id:gumitan_com:20220406185554j:plain

(願わくば次の人生は…命のやり取り等無い平和な世界に生まれ変わりたいものだ…)

 

f:id:gumitan_com:20220406185556j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185558j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185601j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185606j:plain

転生した?

 

f:id:gumitan_com:20220406185603j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185608j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185610j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185613j:plain

「此処は…私は死んだはず…」

 

f:id:gumitan_com:20220406185616j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185620j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185622j:plain

「ふふ…分かりました。此処が地獄なのですね?」

いやこれハロウィンwww

 

f:id:gumitan_com:20220406185625j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185627j:plain

「お前それ孔明じゃね?」

コスプレと勘違いされるw

 

f:id:gumitan_com:20220406185629j:plain

めっちゃIQ1億の軍師という認識w

 

f:id:gumitan_com:20220406185631j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185634j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185636j:plain

テキーラ

これも地獄だから仕方ないと受け入れる。

 

そして彼らとクラブへ行く事に。

 

f:id:gumitan_com:20220406185638j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185641j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185643j:plain

オーディション不採用で気を落とす美少女。

 

f:id:gumitan_com:20220406185645j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185648j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185650j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185652j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185654j:plain

これ歌は96猫さんだよね?

めっちゃ良いな。

 

f:id:gumitan_com:20220406185657j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185659j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185702j:plain

おっ○○も素晴らしい。

 

f:id:gumitan_com:20220406185704j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185706j:plain

この歌は孔明にも刺さった。

 

f:id:gumitan_com:20220406185708j:plain

「誰も私の歌なんか聞いてなかった」

 

f:id:gumitan_com:20220406185711j:plain

「私って才能無いのかな」

 

f:id:gumitan_com:20220406185713j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185715j:plain

身体に目がいっちゃうのはまぁ分かる。

 

f:id:gumitan_com:20220406185717j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185719j:plain

「もし」

 

f:id:gumitan_com:20220406185722j:plain

率直に歌を褒める孔明

 

f:id:gumitan_com:20220406185724j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185726j:plain

「地獄に歌姫とはこれ如何に。ささ、私を更なる地獄へいざなって頂きたい」

 

f:id:gumitan_com:20220406185731j:plain

変なのに絡まれたくらいにしか感じてない。

 

f:id:gumitan_com:20220406185733j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185735j:plain

「地獄…これもまた良きかな」

 

f:id:gumitan_com:20220406185737j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185740j:plain

「何あの人…」

「居たじゃん。歌聞いてるやつ」

 

f:id:gumitan_com:20220406185742j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185744j:plain

仕事終わりだ。

 

f:id:gumitan_com:20220406185747j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185750j:plain

寝てるw

 

f:id:gumitan_com:20220406185752j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185755j:plain

「おーい、朝だよ。起きなよ」

 

f:id:gumitan_com:20220406185758j:plain

「なんという素晴らしい歌声…(寝言)」

「しょうがないなぁ…」

 

f:id:gumitan_com:20220406185800j:plain

美味しそうな脚だ。

 

f:id:gumitan_com:20220408193901j:plain

f:id:gumitan_com:20220408193907j:plain

歌声素晴らしいな。

ここでも96猫さん使うんだ。

 

f:id:gumitan_com:20220406185807j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185810j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185812j:plain

「あんたあのまま路上で寝てたら凍死してたよ?」

 

f:id:gumitan_com:20220406185814j:plain

「地獄で凍死とはこれ如何に」

 

そしてここが地獄ではないと知る。

 

f:id:gumitan_com:20220406185816j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185819j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185821j:plain

初めて見る鏡に驚きを隠せない。

 

f:id:gumitan_com:20220406185823j:plain

自分に起きている事を整理してみる。

 

「酔いが醒めたなら帰ってほしいんだけど」

 

f:id:gumitan_com:20220406185825j:plain

「変な事考えてるんじゃないよね?」

 

f:id:gumitan_com:20220406185827j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185830j:plain

ここでも人民の為に天下統一するのも一興。

 

f:id:gumitan_com:20220406185832j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185834j:plain

ここで自己紹介。

 

「私は月見 英子(つきみ えいこ)。英子で良いよ」

 

f:id:gumitan_com:20220406185836j:plain

英子「財布もスマホも無いみたいだけど帰れる?」

孔明スマホとは?」

 

f:id:gumitan_com:20220406185838j:plain

文明の差に衝撃を受けるw

 

f:id:gumitan_com:20220406185840j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185843j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185845j:plain

「英子さん、湯が沸いております。火を止めねば」

 

f:id:gumitan_com:20220406185850j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185848j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185852j:plain

あぁ、懐かしのw

 

f:id:gumitan_com:20220406185857j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185859j:plain

せめてスマホの使い方だけでも教えてほしい。

 

f:id:gumitan_com:20220406185901j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185903j:plain

「私が知恵を得た暁には英子さんにそれを還元したく思っております」

 

f:id:gumitan_com:20220406185906j:plain

「良いよ。バイトの時間までなら」

 

なんか良い雰囲気じゃん。

 

f:id:gumitan_com:20220406185908j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185910j:plain

質問されすぎて嫌になっちゃったw

 

f:id:gumitan_com:20220406185912j:plain

いい加減目の前の男の孔明キャラ作りにうんざりしてググる

 

f:id:gumitan_com:20220406185915j:plain

そう言えば自然と日本語で話していた。

 

f:id:gumitan_com:20220406185917j:plain

文字も理解できる。

 

f:id:gumitan_com:20220406185919j:plain

この様に後世に伝わっている。

自分が死んだ後の事まで一気に知る事となる。

 

f:id:gumitan_com:20220406185921j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185926j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185928j:plain

「見知った顔ももう居ない」

 

f:id:gumitan_com:20220406185924j:plain

英子「どうした?孔明

孔明「いえ、なんでもありません…」

 

f:id:gumitan_com:20220406185930j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185932j:plain

「ふーん」

 

f:id:gumitan_com:20220406185935j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185937j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185939j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185942j:plain

良いわ・・・。

 

f:id:gumitan_com:20220406185944j:plain

(これは…大切な人を思う愛の歌なのですね)

 

f:id:gumitan_com:20220406185948j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185955j:plainf:id:gumitan_com:20220406185950j:plain

かつての仲間を想い涙が溢れる。

 

f:id:gumitan_com:20220406185953j:plain

f:id:gumitan_com:20220408204524j:plain

孔明「あなたの歌は人を元気にしますね」

 

f:id:gumitan_com:20220408204527j:plain

f:id:gumitan_com:20220406185959j:plain

これがトレンドだ。

 

f:id:gumitan_com:20220406190002j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190004j:plain

「英子さん、私この時代の音楽というものに大変興味を持ちました」

 

f:id:gumitan_com:20220406190006j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190008j:plain

音楽の勉強の為にも軍資金が必要。

「働き口を斡旋して頂きたい!」

 

f:id:gumitan_com:20220406190010j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190013j:plain

履歴書w

 

f:id:gumitan_com:20220406190015j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190019j:plainf:id:gumitan_com:20220406190017j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190021j:plain

オーナーは孔明のかつての行動に納得してなかった。

 

f:id:gumitan_com:20220406190024j:plain

周りの反対を押し切った結果、戦いに負けたんだ。

 

f:id:gumitan_com:20220406190026j:plain

孔明というなら答えられるだろ?」

 

f:id:gumitan_com:20220406190029j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190031j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190033j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190037j:plain

オーナー「失敗ではなく計算だったと!?」

孔明「どうでしょう…私がそう思いたいだけなのかもしれません」

 

f:id:gumitan_com:20220406190040j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190043j:plain

二人そろって悲しむ。

 

f:id:gumitan_com:20220406190045j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190047j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190049j:plain

三国志の話ができるバイトを探していたオーナー。

 

f:id:gumitan_com:20220406190052j:plain

英子「って事は!」

オーナー「採用だ。今日からいけるか?」

孔明「いつでも」

 

f:id:gumitan_com:20220406190054j:plain

「服はそのままで!」

 

f:id:gumitan_com:20220406190059j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190102j:plain

オーナーが三国志オタクで良かった。

 

f:id:gumitan_com:20220406190104j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190106j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190111j:plain

スマホを確認し曇る英子。

またオーディション落ちちゃったのかな。

 

f:id:gumitan_com:20220406190108j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190113j:plain

BPM=手拍子w

間違ってはいないw

 

f:id:gumitan_com:20220406190115j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190118j:plain

この日忙しすぎて孔明が心配になるが

 

f:id:gumitan_com:20220406190120j:plain

完壁すぎるw

 

f:id:gumitan_com:20220406190125j:plain

「あんた本当に初めて?」

 

f:id:gumitan_com:20220406190128j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190130j:plain

二人の姿に関心。

 

f:id:gumitan_com:20220406190132j:plain

オーナー「英子、歌ってこい」

 

f:id:gumitan_com:20220406190135j:plain

 

f:id:gumitan_com:20220406190141j:plainf:id:gumitan_com:20220406190137j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190139j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190143j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190146j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190148j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190151j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190153j:plain

「アイツを裏切るような真似だけはするなよ」

 

f:id:gumitan_com:20220406190155j:plain

仕事終わりました。

孔明は英子の歌声で疲れなんか吹っ飛んだようだ。

それを本人に言っちゃう。

 

f:id:gumitan_com:20220406190157j:plain

「言いたい事も言えず戦場で散っていった命をたくさん見てきました」

だからこそ思った時に言う。

 

f:id:gumitan_com:20220406190159j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190201j:plain

孔明「英子さんは何故音楽を?」

 

f:id:gumitan_com:20220406190204j:plain

メンタルボロボロだった時に

 

f:id:gumitan_com:20220406190206j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190208j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190210j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190212j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190214j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190216j:plain

オーナー「今夜はスペシャルゲストが来てる。死ぬのはその後にしろ」

 

f:id:gumitan_com:20220406190219j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190221j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190223j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190225j:plain

その人はアメリカの歌姫。

「死んでる場合じゃないって。私もこんな風に誰かを感動させたいって。でも…」

 

f:id:gumitan_com:20220406190228j:plain

「もう歌手やめようかなって思ってる」

 

f:id:gumitan_com:20220406190230j:plain

「英子さん、自信を持ってください。あなたの歌に救われた人間が目の前にいるのですから」

 

f:id:gumitan_com:20220406190232j:plain

孔明「あなたが歌手をやめてしまってはファンが悲しむでしょ」

英子「ファンなんかいないし」

孔明「此処に居るではありませんか」

 

f:id:gumitan_com:20220406190234j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190236j:plain

「英子さんの歌を三度聞かせて頂きました」

 

f:id:gumitan_com:20220406190239j:plain

「心が震え、この感動をもっと多くの人に届けたいと、そう思ったのです」

 

f:id:gumitan_com:20220406190241j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190244j:plain

「私があなたの軍師になります」

 

f:id:gumitan_com:20220406190247j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190249j:plain

「如何なる事であろうと、どのような困難な道であろうと、この孔明死力を尽くしてお助けします」

 

f:id:gumitan_com:20220406190252j:plain

「そんな風に言われたらさ…あぁもう、ズルくない?もうちょっとだけ頑張る気になってきたんですけど!」

 

f:id:gumitan_com:20220406190254j:plain

「それがよろしいかと」

 

f:id:gumitan_com:20220406190256j:plain

英子が一番上なんだね。

 

f:id:gumitan_com:20220406190259j:plain

気分上々↑↑が懐かすぎるw

 

f:id:gumitan_com:20220406190302j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190304j:plain

f:id:gumitan_com:20220406190306j:plain

 

主要キャラが濃くて良いですね。

三国志ネタが分かれば更に楽しめそう。

 

今期覇権アニメになる予感がしますね。